top of page
  • 執筆者の写真竹内 明仁

~「人は正論では動かない」~

あの報徳仕法で有名な二宮尊徳翁の大きな挫折を考えてみる。


農村と藩財政復興のため移住した先で改革が進まない。

田畑を耕す前に倫理道徳心を取り戻そうとした"心田開発"が頓挫。

多数の住民からよそ者として拒否された。所属藩の妨害にも苦しむ。

翁は、成田山新勝寺に参籠して打開策を練る。内省し、不屈の闘志を身につける。もうその後は迷わず仕法に集中。成果を出し続けました。


人としてのあり方を問う考え方への反応は鈍いです。何を言うかより、誰が言うかの典型例。

なぜ倫理道徳を問うのか。どのように発するのか。何にしたいのか。明確な結論は出ているが、本気か。それは真摯で誠実な奉仕になっているか。 もっと深く広く探らなければならない命題。自分への問いかけです。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page