top of page
  • 執筆者の写真竹内 明仁

~「殿!お覚悟のほどはいかが?」~

中途半端な意思決定では変化を起こせないトップの姿を、今回は浮き彫りにします。


あるニッチな分野で国内シェアの70%を占めるメーカーがあります。 未来を考えた時、新規事業を立ち上げ複数の柱を持つ必要性を感じた現社長。 2年前に就任し、周りは先代からの役員という構成です。


その事業を拡散していくために新しい部署の創設を思いつき、人財獲得に走ります。 見つかりました!経験と実績共に申し分のない人が…。

諸条件を詰めている中で、古参役員たちが報酬に反対。

規定上、部長待遇は認められないのがその理由。


しかし、顛末は別のところにありました。 役員会で、そもそも新部署設置は時期尚早との判断を下し、話そのものが立ち消えになったからです。


ここから視えること。 待遇の問題ではなく、変化を嫌った古参番頭たちの謀略。 新しい事業により自分たちの立場や権威が衰退することへの恐れ。報酬面への嫉妬。要するに、"私利私欲"によるもの。


経営者が本気だったら、部長職で招けばいい。 役員会で多様な意見を聴くのは大事だが、出尽くしたところで決めるのはトップ。

挙手制は一見民主的だが、私心による判断を採用すれば致命傷になる。 社長の覚悟がなかった典型例。


さて、奸臣に支配されている国は中国史に散見されるように必ず滅びるか乱が起こります。 この会社が"幸運の女神の前髪"を掴み損ねたのは事実…。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page