top of page
  • 執筆者の写真竹内 明仁

~コンサルタントとサポーターの違い~

経営コンサルタントという仕事がありますね。

皆さん、どんなイメージを持ってますか?


僕も以前は"コンサルタント"を名乗っていました。 それまでの経験に加えて知識やスキルを学び、経営者に伝える。

問題や課題の解決策が主となるのでアドバイス専門。


でも、経営者は行動しない。

例えそれが理路整然とした正しい解決策であっても…。 なぜか? それは、本人が導き出した答えではないから。

頭ではわかっても腹落ちはしていない。

そりゃ、そうですよね。アドバイスというのは押しつけがましくなりがちだから(^^;;

いつからかこのスタイルは廃止。 「自ら行動してもらうにはどうするか」 経営者自身が結論を出せるプロセスの創出。

これが全て!

とにかく黒子に徹すること。

時に有能なコンサルタントが経営者以上に目立っているケースを見かけます。 否定はしませんが、自分のスタイルではないですね。

傾聴→承認→質問→感情と論理の整理→フィードバックの順でプロセスを進めると、進捗状況の確認まで行き着きます。

どうでしょう。

見逃しているかもしれない視点の投げかけはあっても、ここに押しつけはない。

だからサポーター(^^)


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page