top of page
  • 執筆者の写真竹内 明仁

~スペシャリストかゼネラリストか~

特定分野に専門特化するのがスペシャリスト。

ほとんどはこのケース。 自己啓発本にも「ある分野に集中しろ!」と散々書かれていますね(^^)

しかし、経営戦略を生業にした場合、それではどうか?と思ってしまったのが始まり。 当初は、人財育成から入りました。

その延長線上に組織開発が…。

顧問先と話している中で、他の経営要素についても問われるようになりました。 段々「それは専門外ですから…。」と言えなくなる。

決して見栄や変なプライドから出たものではない。 確かに部分最適では"虫の目"だ。

全体を俯瞰するには"鳥の目"が必要。

そして、時流を読むには"魚の目"

結果、MG(マネジメントゲーム)で未来会計の世界へ。

150期くらいやったかなぁ~。 後に戦略MG上級インストラクターになった。

コロナ禍以来ご無沙汰ですが、この会計の思考パターンは今でもアウトプット可。

"魚の目"を身につけようと進んだのはイノベーションとマーケティング。 セッションでは、市場や顧客への観方・捉え方・考え方の問いを投げかける。 同時に、自己戦略として実践中。

コレがまた面白いですね(^^) 今までの部分のブラッシュアップは勿論継続します。

でも、次は何かなぁ~( ̄▽ ̄) 『ワークシフト』が脳裏をかすめる…。







閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page