top of page
  • 執筆者の写真竹内 明仁

~中小企業にもマネジメントチームが必要な理由~

VUCAの時代であることが大きな要因。

もはや経営トップ一人ではあらゆることに対処することは困難な時代。

規模の拡大の点からしてもそうです。成長がトップマネジメントの限界を越えてしまう。

いつまでもトップ一人のマネジメントに依存していると、やがて危機が訪れます。

社長にも得意不得意がありますから。


複数でマネジメントするための必要な準備は…。 ✲チームで相談できる体制の構築。 ✲各自の得意とするものを認識する。 ✲その強みに応じた役割分担。 ✲権限と責任を伴う目標の設定。 ✲進捗状況のモニタリングと修正・改善の場づくり


「そんなこと言ったって任せられないよ」 そういう声は多いでしょうね。 危機に陥る前に、前もってつくっておくことがポイントです。 チームは一夜にしてならず。機能するには時間がかかります。相互に信頼と理解し合えるには最低3年位は必要ではないでしょうか。まずは重要な決定の相談から始めてみるとか…。

これらは、今後起業あるいは既に起業している人にも当てはまること。

最初はすべて自ら始めなければならない。でも、オールラウンダーになるにはハードルが高すぎる。それは続きます。 伴走者が必要。それは外部の第三者が適任ではないでしょうか。

狭い領域、偏った考え方から解放してくれる存在。これもマネジメントチームと呼べるもの。


内製、外部委託関係なく連携が不可避となった時代。あなたなら何を選択するでしょうか。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page