top of page
  • 執筆者の写真竹内 明仁

~今こそ報徳思想・仕法と思う理由~

『道徳経済合一説』 二宮尊徳翁が提唱実現し、渋沢栄一翁もこれに倣った。日本の近代史を豊かに飾る価値観です。「道徳のない経済は犯罪。経済のない道徳は寝言」 道徳だけで飯を食うことは困難。報酬を得るために道徳を蔑ろにするのは禽獣。

私利私欲に走り、公器としての企業の姿が忘れ去られた今だからこそ立ち返るべき時…。そう強く自覚しています。個人事業主も同じ。


自分に問いかける。自己都合で相手に納得して貰おうと考えていないか。相手にベネフィットを与えられて契約できればそれで済むのか。

点で終わらせたくないですね。

尊徳翁の実践のように、誠を尽くす至誠が基本の一貫性。一生懸命だけでなく、知恵と工夫を凝らした勤労の姿勢。謙虚な生活の中で次へのエネルギーを蓄えるための分土の設定。蓄積したものを拡散、次世代へと繋げていく推譲の実践。


儒教精神に影響を受けているものの、報徳思想にも独特な考え方があります。 万物は一体のものとする儒教。天道は自然界だが、人が幸せになるために手を加えるのが人道と、分けてバランスを取ろうとする立ち位置。現場主義から出てきた報徳思想の独自性でしょう。


常に判断の基となる論理と感情。両方大事ですが、何かを利用するための道具としてだけで使いたくはないです!例え、自分に利益をもたらすものでも…。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page