top of page
  • 執筆者の写真竹内 明仁

~独立開業への正しい道筋~

新たに起業、独立開業する方と面談する時に伝えていること。 それは、コンセプトづくりと販路開拓の2点。

これに絞ってサポートします。


コンセプトは、事業をやる理由・意義・目的・到達点。会社でいえば経営理念。 あり方ですね。 やり方から入るとブレる可能性がある。

仕事がほしい、目標を達成したいに拘り過ぎる結果、道から外れる。

途中で迷子になる。

だから大切!


販路は見込み客の前段階のアプローチじゃないですかね。 専門家の場合は、話を聴いてくれる先をどのくらい確保できるか。 話を聴いてもらえて初めて検討に入りますよね。

この段階が見込み客。

成約して初めて新規顧客ですもんね。


また。士業にはその専門家集団特有の法律の縛りがあります。 既に同じ士業で契約していれば営業できないんですよね。

○○士法違反に問われちゃう。


だから、僕の場合は他の社労士がやっていない分野で切り込みました。

別の社労士がやっていることにはノータッチ。 今でも顧問先全部に他の社労士が入っている(^^;;

販路開拓の範囲を拡げるためには、他との差別化戦略を考える理由がここにある訳です(^^) 自分なりの武器を持つ意義も伝えます。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page