top of page
  • 執筆者の写真竹内 明仁

~良い戦略と悪い戦略~

この違いは何だと思われますか? いかに血の通った仕組みをつくれるか。 ここに集約されるのではないですかね。

例えばデジタル・マーケティング。 今や集客の自動化が進んでいる分野。 心理学も駆使しながらシステム構築をしているけれど、なんか個人的にはあまり響かない…。 こちら側をワクワクさせるような自然さがないせいか!? カウントダウンタイマーには強制力さえ感じてしまう。 人を集める意図が見え見えなのだ。

人は集めるのものではなく集まるもの。

集めるのは”ギラギラ”集まるのは”キラキラ” この違いは大きいと思います。

この観点が抜け落ちているように感じてしまう。

組織内部の戦略にしても同様。 ルールで規制して枠組みの中に当てはめようとしている。 どんな立派な仕組みをつくってもなかなか機能しない所以ではないか。 同じ目的に向かって行動するために守るべきものは何か。

この視点がない気がします。

就業規則や人事評価制度がいい例でしょうか。 想い、悦び、共感、協力など感性に訴える要素がないシステムはAI用?! 人と仕事を分断して見ているせいでしょう。 人を機能のみで判断する怖さと脆さが現れている証ですね(><) だから、順序を逆にする。

戦略に人をはめ込むのではなく、人に戦略を落とし込む。 理念と戦略の連動が必要な理由がここにあります。 米国型戦略の採用も結構ですよ。

活用できる部分は取り入れればいいと思います。 しかし、日本型経営の場合、山田方谷と二宮尊徳の経営学に本質を観ることができます。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page