top of page
  • 執筆者の写真竹内 明仁

~観察→洞察→仮説→検証の修行~

顧問先の代表が社員さんと1on1面談を実施。


文章に落とした内容をシェアしてもらう。

強みと弱みの把握、今後の課題と動きがメイン。 そのまとめた文面から社員さんの状況を読む。

対応を一緒に考える。

そんな時間を共有。

これがめちゃくちゃ訓練になるんですよ(´∀`)面識がないから余計に…。 文章の行間を読むというのか、相手の立場に立ったり、顔を思い浮かべたり。

観察→洞察→仮説→検証の繰り返し。


結果的には、概ね見解が一致してよかった! この後社員さんにフィードバックして合意形成するのが大事。

そして次の1on1に活かす。 成長への進捗状況の共有ができるし、人事考課でのプロセス評価にも利用できるんですよ。一石三鳥狙い(^^) 半年毎の評価制度からの転換をお勧めする理由でもあります。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page