top of page
  • 執筆者の写真竹内 明仁

~イノベーションは不可欠な武器~

イノベーションと聞けば、とてつもない改革のイメージがあるかもしれません。そんなことはないと感じていますが。 実際は、どれだけ本質を突けるかがポイントになると思います。


何かを改良する例から考えてみます。 製品/サービスの続編が出る時、機能の追加という形で現れることが多いです。 でも、それが結構要らなかったりしませんか?車のデジタルスピードメーターのように…。(^^;; 付加価値の追加に走る傾向は利便性の追求。買い替え需要には向いているけれど、新規顧客は増えにくいですね。


逆説的には、使う人の評価が分かれる機能は削ぎ落とす。誰にも最低限必要な部分に特化する。このような捉え方があります。 アフリカで短期間で爆発的に普及した携帯電話。インドで提供開始初日に100万人が加入した保険。ナイジェリアで重宝されている袋入りインスタント麺など。 何れも複雑高機能なものをシンプル手頃にして無消費層を誘う。その後マスタービジネスによる教育化で単価アップを図る。


先進国と発展途上国の事情の違いを言いたい訳ではありません 焦点を当てたいのは「根本にある本質は何か」価値の定義を見直すこと。 要諦に気づいた時がイノベーションのチャンス!小さく始め、やがて大輪を咲かせる。偶然に思えるような予期せぬ成功もお仲間です (^^)



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page